クルミを割ったことのない日々

思いついたことを好きなだけ

アイス界の女王 ビエネッタ

今週のお題「好きなアイス」

 

ビエネッタが好きだった。

おばあちゃんの家でたまに食べられるケーキのようなアイス。

切り分けて食べる、パリパリで贅沢な味わい。

 

ある日、おばあちゃんに「好きなアイスを買っておいで」とお金を渡され、近所のコンビニへ1人で向かった。

「はじめてのおつかい」ではないが、自分で選んで買うのは初めてで、ドキドキだった。

もちろん私はビエネッタ一択。箱を冷凍ケースから取り出しレジに向かう。

いつものおばちゃんにビエネッタと持ってきた500円玉を渡す。

ビエネッタが食べられる!持ち帰ればおつかいは成功!

 

「これだとお金足らないよ」

 

おばちゃんは私に残酷な事実を告げた。

呆然としてから意味を理解して恥ずかしさでいっぱいになった事は覚えているが、その後の記憶が途切れている。

たしかおばちゃんは優しく500円で買えるアイスを教えてくれたと思う。そうして、それからどうしたんだろう。

 

ビエネッタ。それは優雅で豊かな味わい。

500円では買えない遠い日の夢のアイス。

 

 

最近はカップのビエネッタもあるらしい。そんなの認めんぞ!!

『鴨川ホルモー』を観た感想

ネタバレあります!!

 

コメディを観たい気分になり、Amazonプライムにあって気になっていた『鴨川ホルモー』を観た。

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー

 

 

※以下、ずっと不満が続くので作品のファンや素人批評が嫌いない方はそっとお帰りくださいませ、、、

 

「映像化困難と言われた〇〇がついに映画化!!」とか言う謳い文句をたまに聞くが、この映画はまさに困難で、結果無理だったのだと思う。
もしかしたら、この内容は誰がどう頑張ってもこれより少しマシになる程度なのかもしれない。ただし原作の小説は読んでないので、もし原作ファンが納得できているのなら私がこのノリに向いていないだけなのだろう。

とにかく終始眉間にシワを寄せながら、なぜ笑えないのかを考えてしまった、というのがざっくりした私の感想。


山田孝之濱田岳荒川良々も好きな俳優さんで、観る前の期待が大きかったのも結果ガッカリ感に拍車をかけた。芸達者な皆さんの頑張りが空回りしているようでいたたまれなかった。

コメディ作品は登場人物が困ったり失敗したりすると逆に観ている方は笑えるものだが、この作品は山田孝之と一緒に困惑(この映画は何なのかと)、濱田岳と一緒に泣いた(観るのが辛くて)。

 

いくつも問題点はあるだろうが、パッと思いつく致命的な3点を挙げたい。

1、本題まで長過ぎ
序盤の川下りとか要る?テンポが悪くぼーっとしてたらオニが出てきて面食らう。そうかと思ったらバトルシーンまで端折り過ぎ。不要な説明と必要な説明のバランスがすこぶる悪い。

2、笑いどころ不明過ぎ
シュールな場面はいくつも出てくるが、真面目なのか笑わせようとしてるのか悩んでいるうちにただ時が過ぎて行く。「真面目にやっていることが可笑しい」というのがやりたいのだろう事は伝わってくるが、笑う「間(ま)」を作るかツッコミ役がいてくれないとどうにも成り立たない気がする。いや、単純に好みの笑いじゃないのか?
レナウン娘」を歌うシーンは、男共の悪ふざけの飲み会に巻き込まれたような感覚になり、その一方で世代が違うので「この歌なんだっけ?」っと関係ないところでつまづいていた。

3、バトルシーンの見方謎過ぎ
変なポーズで一辺倒の指示をする彼らの様子を観ていて、どう応援したらいいかもわからない。笑えないギャグを繰り返されているよう(私の中では実際そうなのだが)で不快だし、「面白」が邪魔してバトルに白熱もできない。
観ていてイライラしまくる濱田岳のキャラの初回バトルシーンに至っては、笑わせようとしていたのかどうかさえ私にはわからない。


とまぁ、私は色々辛辣に書いたが、高評価のレビューがあるのだから楽しめる人もいるのでしょう。

そりゃあ良いところも……えーとー、芦名星が可愛いです。栗山千明はメガネ取る前まで可愛かったです。(不満の余韻を残す)

 

つまりレビューの総合点数ってアテにならないんだな、と思った次第です。

久々にあんまり酷い映画観たので、吐き出したくなりました。すみません。

 

 f:id:oki_nikki:20170731150957j:image

サラバンドが好き

昔もらって食べたあのお菓子なんだったろう…と探してようやく見つけ出した。

それがサラバンドだった。


何とも表現しづらいあの食感と味わい。

固いウエハースのようなものにホワイトチョコに似たホワイトクリームが挟まっている。

ただそれだけでなぜあんなに美味しいのだろう。

似たようなお菓子もあるみたいだけど、基本は地方の名物的存在なのかな?

うちの周りのスーパーやコンビニには類似品も置いていない。

最近、三浦屋で見つけたので思い出したときに食べられるようになって嬉しい。


知らない人には食べてほしいな。

サラバンド(中) 12本入り×10袋 【小宮山製菓】
 

 

お題「好きなバンド」

猫派だけど犬もいいな

圧倒的猫派だけど、自分好みの犬に出会うと犬飼いたい欲がうずく。

 

先日初対面した親戚の家の犬が、可愛いけどちょっとブサイクで最高だった。

 f:id:oki_nikki:20170727175458j:image

庭にいて網戸に鼻先を少しだけ押し付けてくるので、私が鼻を突こうとするとヒョイと引っ込める。またすぐに押し付けるのでタイミングを見て鼻をブーと押す。すると引っ込める。そしてまた鼻を…とずっと犬と私でやっていた。

 

番犬にはならない大人しいおばあちゃんワンコだけど、また会いに行くから長生きしてほしいな。

 

しかし赤ちゃんの写真は撮り忘れて、犬の写真はしっかり撮ってくる自分、どうなのよ。

 

 

赤ちゃん触った

肌スベスベで柔らかくてあったかかった。

自然とみんなの視線が赤ちゃんにいく。

会話が無くてもみんなニコニコしてる。

 

なんか色々考えちゃうな。

f:id:oki_nikki:20170726194317j:image

「久しぶり〜」

どうにか平日更新を続けて来ていたのに、ついに昨日うっかりしてしまった。

久々の帰省で友人数人と会い、気分よいまま寝てしまったのだ。

 

せっかく途中まで書いておいてたのに!

 

 

いやでもしかし、長年の友人というのは久々に会っても変わらずに話せていいなぁ。

お互い変わった面ももちろんあって、日頃近くにいる人の方が今の自分をわかってくれている分話しやすいこともある。

でも、素直に話せるのは昔からの友人だな、なんか。相手の知らない部分の説明がより必要だから、自分の気持ちも整理されていくのかしら。

何より昔の自分を知っているのが大きいか。ちょっと恥ずかしい過去の出来事も知られてるから怖いものないよね、ははは。

 

あと、大人になってからの友人だと中身のある事を話さなきゃと思う節があるけど、学生時代からの友人はどうでもいい事もついでに話しちゃうな。

昨日話してて、つい流れに無関係なことを挟んだら「そのクダリいらないよね」とツッコまれて気づいた。それを言ってくれるのが私の友達だよな、と。

 

離れていてなかなか会えなくても、やっぱり友達は大切にしたいな、と思えた昨日だった。

 

明日まで実家だから、また今日みたいな雑な文章になりそう。

まぁ昔からの友人と話す時くらいの雑談もちょこちょこないと続かないよな。

ブログで生きていく人間じゃないし、いいか。

 

忘れられない忘れた味

お題「思い出の味」

15年ほど前。お昼を買いに友人とコンビニに行くと「びわガム」なるものが売っており即購入した。びわが好きなのだ。
昼食後に皆が雑談している中、デザート代わりにびわガムを噛むことにした。少しワクワクしていた。

 


パク。クチャクチャ……!!!

 

これは!

 

マ、マズ!!!!


予想外の味にふた噛みくらいですぐ吐す。
あまりに衝撃的過ぎて、なぜか友人にも気づかれないようその場を取り繕うが、目は泳ぎ内心パニック。

 

f:id:oki_nikki:20170721211207j:image

(不味いとかある?嘘?ドッキリ?)

 


ドッキリなはずもなく、その後もその事を誰にも話せなかった。自分のうっかりエピソードはよく話すのに、この件は何か恥ずかしい失敗のごとくひた隠しにした。

そのまま再チャレンジもできず、びわガムを買ったという現実から逃避してしまった。

 

最近になって「あれ夢じゃないよな?」と思って調べたら、現実に存在した。
しかし期間限定商品だったようでもう2度と食べることは出来ないだろう。


本当に不味かったのか、はたまた新しい味すぎて舌が追いつかなかったか。

もう1度どんな味か確認したい。

思い出のびわガム。