クルミを割ったことのない日々

思いついたことを好きなだけ

読書感想文を書く方法

お題「読書感想文」

 

はじめに、真剣に取り組みたい方は他をあたってください。私なりの「簡単でそれなりのクオリティでの仕上げ方」です。

 

1.家にある(または図書館などで)短編集の中で、読みやすい文体のものを選ぶ。著名な作家の作品だと尚よし。

 

2.短編集の中で気になる内容の話を選び、ストーリーが追える程度にザッと読む。

 

3.主人公と自分との比較から書き出す。

 

4.感想に絡めた自分のエピソードを何か書く。(友情に感動した→友達にされて嬉しかったこと、など)

 

5.物語の印象的な部分を引用して、自分なりの解釈と感じたことを大げさに書く。(「〇〇は△△なのだ」という主人公のセリフは◇◇という気持ちで言ったと思うと胸が痛い、など)

 

6.「〜だと思った」をなるべく使わず、言い換えに困ったら倒置法。

 

こんな感じで夏休みは乗り越えてきた。

あらすじをズラズラ書くのが許されるのは小学生まで。あとは短編読んで誤魔化すんだ!