クルミを割ったことのない日々

思いついたことを好きなだけ

肌の悩み

ここしばらく肌荒れに悩まされて、少し良くなったかと思えばまた悪くなったり。漢方やビタミン剤飲んでも効果は今ひとつ。

20代前半の頃に肌荒れした時、皮膚科のおじいちゃん先生に「洗顔料のせいで皮膚が硬くなってるから普通の薬局で安く売ってる固形石鹸使え」と言われたことがあった。たしかにその時は安い石鹸に変えて良くなっていった。

でももう私も30代。ヒアルロン酸やらの配合されたいい洗顔料を使いたいと欲張った結果がこれなのか。

 

使っていた洗顔料がちょうど無くなったので、昔から見かけて気になってた「ロゼット洗顔パスタ」に変えてみた。

 

固形石鹸ではないけど、昔からのレトロなパッケージと何の「うるおい成分配合」とも書いてないあたりが、いかにも愚直な感じがする。

使い始めて数日、明らかに肌荒れが改善されてきてる。これのおかげなのか?

そのまま嗅ぐとベビーパウダーのような臭い。洗い上がりはイオウに近い臭いを顔にまとうので、可愛い女子の風呂上がりには不似合いかもしれない。でも肌荒れのひどい30代の私はそんな事気にしていられない。むしろ、この臭いが身体に良い証拠と思えてしまう。良薬口に苦し的な。

 

まだこれのおかげかは確証はないけど、長く売られている商品は愛される理由があるはず。これで良くなったら、今度はロングセラーの謎ブランドの化粧水とかも使ってみようかな。と、また欲張ってみたりして。