クルミを割ったことのない日々

思いついたことを好きなだけ

『ダンケルク』を観た感想

恥を忍んで言うが、私は勉強をロクにせず生きてきて全くもって歴史に疎い。当たり前のようにダンケルクがフランスの地名だと知らず、この出来事も知らないまま観た。
でも世の中の私と同類の人たちが「戦争とかわかんないし…」とか「銃でバンバン打ち合うんでしょう?」とかで観るのを躊躇っているなら、大丈夫!そういうんじゃないっす!私は「戦争映画とか無理」って人こそ『ダンケルク』だと思ったから。

 

戦争映画って、とにかくなんだか男たちが熱く戦ってメッセージすごい渡してくるかっこいいだけのやつとか、お涙ちょうだいドラマで「愛!勇気!友情!葛藤!そして感動のラスト!」みたいなノリで誰が死ぬとか死なないとかアーーー!!!しらんしらん!てやつとかあるから観る前は少し心配してた。

でも『ダンケルク』はひたすら「怖い怖い!もう勘弁してー!」ってくらい「体感する」演出になっていたので、戦争への恐怖感や嫌悪感をぞんぶんに与えてくれた。
なんせジャンルが「スリラー」だもの。

 

ドラマ的描写もないわけではない。でも全然説明してこないので、その分「お前誰?」という人達がどんどん出てきては怖い目に合うのを観続けることになる。観てる方も落ち着く暇もなく、ずーっと怖いとこに放り込まれる。誰のこともよく知らない、周りの状況もよく見えない、主要人物たちと同じ環境に置かれる。
「死にたくない帰りたい」という誰もが共感できるその一点に集中させてくれるからこそ、借りもののお涙や煽られた怒りなど余計な飾りに気持ちが分散しない。その分「戦争やだ怖い」という感情へ畳み掛けて来る。
そしてこの状況において自分はどこまでいい人でいられるかを考えた。戦争さえ無ければ皆友達になれたであろう若者たちの行く末が辛い。その後のことは映画見終えてから知って絶望した。


そういえば敵の姿が全く映されず、あくまで迫り来る恐怖としてのみ存在する。それは相手を敵然としない意味もあったと思う。逆の立場でも同じように人が生きようとしていた、それがまた辛くもある。

 

映画を観てる間、肩に力が入ったまま叫ばないように口に手を当てて観ていた。隣の知らないおじさんも同じだった。
大音響が苦手でなければ、音が身体中に響き渡るIMAXがおすすめ。
映画館で見ないと十分には伝わらない映画(『ゼログラビティ』が顕著な例)というのがあるが、この映画もその類の1つだと思った。
興味ある人は絶対映画館に行くべき。それだけは間違いない。

 

若い俳優たちが注目されてるけど、渋い俳優陣もよかったな。
f:id:oki_nikki:20170921132744j:image

『96時間』を観た感想

端的に言うと溺愛する娘のキムを助けるために主人公のおっさんブライアン(リーアムニーソン)が悪魔に魂売ったくらいむちゃくちゃする話。

 

※以下ネタバレあります

96時間 (字幕版)

96時間 (字幕版)

 

まぁおもしろいよね。
ツッコミどころ満載で、ブライアンは贔屓目に見ても強すぎてあたまおかしい。CIAってそんな何でも"出来ちゃう"人育ててんの?怖くない?笑
絶対絶命のピンチ、どうなっちゃう?!と思ったら、えぇーー!!神様も味方にしちゃうんだ。
「普通はここまでしない」をドンドン飛び越えてくる主人公には笑うしかない。それでも酷く見えないのはリーアムニーソンの困り顔のお陰かな。

f:id:oki_nikki:20170920115314j:image

 

どうでもいいけど、キムがセクシー衣装着せられて太ったおっさんに貰われてくくだり、スターウォーズのジャバザハットとレイア姫思い出した。キムがまあまあな可愛さなのも含め似てる。

ところで、こんな都市伝説みたいな人身売買、本当にあるの?パリでしょ?って思ったらどうやらあながちフィクションでもないみたい。マジか……。詳しいことは調べたら出てくるんだろうけど、キツすぎて都市伝説と思いたい。

正論言ってるはずなのに妙にウザい過干渉パパのブライアンが、この事件をきっかけに「ほら、この前もパパの言った通りだったろ」ってことでさらに調子のりそうだけど、キムは案外パパっ子のようなのでたぶん結婚できないな。

シリーズであと2作あるのね。
2作目が「リベンジ」って誰目線だよ。楽しそうだから観よ。

ASKA the BEST-2に入れてほしい曲

先日ASKAさんの新曲の感想を軽い気持ちで書いたら検索条件によってYahoo検索のかなり上位にでてきてしまっていて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もっとまともな記事ならまだしも……。

記事タイトルを変更しておいたのでこれで大丈夫と思いたい。

 

まぁせっかくなのでASKAさん絡みの話。(懲りずに)

少し前にベストアルバムをリリースしたいと書かれていたので、入れてほしい曲を勝手に選んだ。

 

『HELLO』
『帰宅』
『君の好きだった歌』(ソロのフルバージョン)
『UNI-VERSE』
僕の来た道

 

他にもあるけど、この5曲はぜひ入れてほしい!

ちなみにASKA the BEST Selection 1988-1998に入っている曲は除いた。


特に『僕の来た道』は最近のお気に入りで何度も聞いちゃう、今のASKAさんにこそ歌ってほしい一曲。
この曲のMVって今年リリースしたアルバムの1曲『通り雨』のMVに似てるけど、わざと似せてるんだよね?たぶん。

2つのMVはASKAさんをとても対象的に感じさせてる。


僕の来た道』のASKAさんは前を向いたまま周りを気にせず歩いてる。幸せそうな場面にも立ち止まることなくまっすぐ歩き続ける。初めて見た時は違和感すらあった。


[MV] 僕の来た道 / ASKA

 

対して通り雨は周りと積極的に関わりあって笑顔を見せ続けてる。ときには人前で歌いながら周りを手招きし、最後にはこちらに向かって歩いてくる。

なんだかASKAさんとファンとの距離感の違いが現れているようで面白い。


通り雨    ASKA

 

逮捕前に出したアルバムの最後の曲が『僕の来た道』というのは話として出来すぎてると思うくらい、どこか運命的に感じる。 

僕の来た道』で「何度も何度も生き返る」と歌うASKAさん。

あの道の続きを今、笑顔で歩いているんですよね?

バナナ

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」

 

うちのばあちゃんは介護施設に入っている。透析が必要な身体になってしまったからだ。
ばあちゃんは昔は大柄で甘いものが大好きだったが、今では身体もすっかり縮んでしまい、甘いものは自由に食べられない。これはもう仕方のないことだ。
透析を受けている人はカリウムの摂取量が限られている。カリウムといえばバナナだ。
先日ばあちゃんに会いにいくと、施設のおやつにバナナが出されたと嬉しそうに話した。「半分もない、こーんな小さいの」と言って、すっかり細くなった指先でバナナの大きさの丸を作ってみせて笑うと、「美味しかったぁ」としみじみバナナの味を思い出しているようだった。
しばらく別の話をしていると、またバナナの話をはじめた。よほど嬉しかったのだなと思い黙って笑いながら聞いていた。

その日もまたおやつの時間になった。おやつは大きなテーブルの並ぶ食事スペースに入居者たちが集まって食べる。
「じゃあそろそろ帰るね」と言って、ばあちゃんの車椅子を押して食事スペースまで送ることにした。
食事スペースの方には初めて行く。見分けがつかないくらい同じ背格好のお年寄り達が集まっていた。ばあちゃんと同じ透析患者が多い。
壁には入居者たちが習字で好きな言葉を書いた作品が飾られていた。
さまざまな言葉の中でも、何人もの人が書いているこの言葉が心に残っている。

 

 

 

「バナナ」

 

昼前後の「私だけ?」

お題「これって私だけ?」

 

・「どうーなってるの?!」が見たい

こたえてちょーだいでもノンストップでもない。どうーなってるの?!がいい。♪どうーなってるのトゥルルルンルン〜が聞きたい。再現VTRのあの人達を見たい。そしてアモーレの鐘で11時になった事を知って楽しいコーナー終わりかーとなりたい。

 

・昼ごはんめんどくさい
何食べたいかわからない。昼休みにコンビニやスーパーで食べ物の前を往復し続けたことが何度もある。結果食べなかったこともある。朝ごはんからのスパンが昼から夜までと比べて短すぎる。お昼ごはんは午後2時頃がちょうどいい。

 

・「あなたの知らない世界」が見たい

「いいとも」も見たい。でも「あなたの〜」からの「♪今日は何の日?フッフー」の寒暖差を味わいたい。

 

・昼に飲んだリプトンで膀胱がやばい

リプトンの紙パック500mlを昼で飲み干すと午後の最初の授業の終わり間際で尋常じゃない尿意に襲われてた。

トイレ行くのに承諾が必要とか今は考えられない。

 

 

思いついたらまた書こう。

 

ASKA新曲の感想

今朝ダウンロードしたので、聴きたての感想を覚え書き。

 

どちらもASKA曲というより、チャゲアス曲に近い印象。
前回のアルバム『Too many people』は自分を励ましながらどこか孤独に立ち向かおうとしているように聞こえた。
今回のNEWアルバム先行シングル2曲はテイストや内容は違えど、一緒に戦う仲間の存在を感じた。
だからいつか隣に立つチャゲの存在を勝手に想像してしまうからだろう。

 

『塗りつぶしていけ!』
ライブの1曲目にしたらワッとテンション上がるような爽快な曲。
だからジョギングする時とか嫌いな家事をやりはじめる時に聴きたい。
YouTubeで作業過程報告として上がってたものと歌い方も変わっていて、
この「いけぇ↓えぇ↑!」がいかにもASKAさんぽいカラオケで真似したくなるやつ。
いつか2人で歌ってほしいなぁ。

 

『Fellows』
タイトルから想像していた歌詞じゃなくて意外。ASKAさんはファンをFellowsと呼んでいるから、てっきりわかりやすく「これからもみんなよろしくねー」的な内容だと思っていた。全然違った。
続きがありそうな終わり方はアルバムで次に繋ぐ仕掛けかしら。
正直まだこの曲の良さはそこまで理解できてないけど、だんだん好きになるかもわからない。

 

この『Fellows』はYouTubeで「好きに歌詞とメロディ付けて歌って!」という企画もしていて、いくつか誰かがアップしたものを聴いた時は素直にみんな凄いと思った。
ただ、ASKAさんの聴いちゃうと違いを見せつけられた感じする。
メロディは誰のがいいとか好みあるしASKAさんのが1番ではない気もするけど、なんか歌の凄みが段違い。表現力というのかな。だてに一線で40年近く歌ってきてないよという。もはや森のくまさん歌っても壮大な歌にできそう。(あ、森のくまさんはやばそうだからやめたほうがいいか)

 

 

と、結果バカみたいな感想になっちゃった。
ファンだから客観視はできてないのかもしれない。
だけど、予約済みのNEWアルバム『Black&White』が俄然楽しみになった!(早期予約特典が『黄昏を待たずに』なのもアツすぎる!!)

 

ただ一点、『Fellows』のジャケット画像??なんていうのあれ、ダウンロードした曲を聴くとき表示される画像。
あれはあれでいいんですかね。
アウトライン化するの忘れてフォント置き換わっちゃった?みたいな。「ASKA」のフォントも可愛らし過ぎない?
まぁもしASKAさん本人の仕業だったら苦笑いするしかないけど。ふふ。

 

大荒れ

大相撲九月場所。

昨日の怪我で高安まで休場が決まり、これで3横綱1大関が不在。

さらに人気の宇良ちゃんまで休場。

f:id:oki_nikki:20170912103920j:image

 

こうなると優勝は日馬富士かな。久々だからそれもいいけど、誰かが優勝争いしてくれないとおもしろくない。

意外と豪栄道。ひょっとして照ノ富士。まさかの阿武咲、北勝富士……こうなったら若手にどんどん盛り上げていってほしい。

私が選ぶ今息子にしたい力士No.1の朝乃山くんの活躍にも期待。

 

そうやってなんとか自分の中で今場所を楽しもうとしているけど、休場力士たちの怪我が心配だし結構寂しい。

力士生命のこと考えると無理せず休んで治療するのは大いに賛成。その為の休場で憤ることはファンだったらないと思う。

それでも国技館に観に行くお客さんは特に残念だろうな。どこに持っていけばいいかわからない悲しい気持ち。もう勢が土俵をステージにして歌でも歌うしかないのでは?

 

そもそもこんなに怪我が多いスポーツって大丈夫なの?怪我したまま連日試合する競技とか他にあるんだろうか。

本場所を減らして治療に専念できるようにするとか、何か対策ないかな。怪我しないかハラハラするとか、なんだかなぁ。でも数十年後、力士たちがフワフワのマットの上で防具付けて戦ってたらなんか嫌だな。どうしたらいいんだろう。

 

とにかく神様、怪我はもう勘弁してください!