クルミを割ったことのない日々

思いついたことを好きなだけ

音楽 その2

昨日に引き続き音楽の話。

 

購入したもう1曲は村上啓介「ボージュナール」。

こちらは、もちろんWeareで購入。

Weare / MAGICAL GUITAR MAN

 

先日のYouTube生ライブ中継は当日予定があって見られなかったのだけど、ASKAさんが登場したというので翌日ウキウキで動画を観に行きました。


村上啓介ライブ 生配信

余談だけどこの動画の「no no darlin'」(1:12:30頃~)がよくて何度も動画見ちゃう。

 

ASKAさんが登場して最初に歌ったのがこの「ボージュナール」。

村上さんが携わったチャゲアスの曲はとても好きなのだけど、彼自身の曲を聴いたのは今回が初めて。ただもう、めっちゃいい曲!すぐ好きになった。

村上さんとASKAさんの声質が少し似てるからハモリがうまく馴染んでる。そしてASKAさんの「♩ゆりかごで」がたまらん。結局ASKAさんかよ、って話になっちゃうけどそれも含め本当ステキなメロディーの優しい曲。世が世なら(?)ヒット曲になりそうなのにな。もっと世の中に広く知られてほしい。ラジオで流されたら反響ありそうだけど。

ライブで歌う前に村上さんがボージュナールの意味を説明した後のASKAさんの「いや感動しましたー」の雑な感じ笑った。

 

『MAGICAL GUITAR MAN』という今回の アルバム自体ビートルズを意識して作られたようだけど、この「ボージュナール」は「ノルウェーの森」が浮かんだな。

ノルウェーの森」はビートルズの中でもとても好きな曲の1つだから余計気に入ったのかも。

 

私はわりと歌詞よりメロディー先行で好きになって後からこんな内容だったのかと気づくことが多いのだけど、洋楽になると尚更。だから「ノルウェーの森」が実は男が女にからかわれたことに腹を立てて女の家に放火する話だと聞いた時は衝撃だった。諸説あるみたいだからそれが正解かはわからないけど。でも女の家に1人取り残された男が、女の自慢したノルウェーの木材の壁に火をつけて燃える家を見つめながら「いいね、ノルウェーの木材」って呟くのは、なかなか狂気的なエンディングで結構好きだな。あくまで物語なら面白いって話だけど。コント番組のLIFEで星野源石橋杏奈ちゃんで再現してほしい。異常な男ならムロツヨシがやらされそうだけどあえての星野源で。でも楽しいコントにはならなそうだからダメか。

 

ところで、村上さんの過去の曲が気になって検索したらTHE ALPHAの頃の村上さんかっこよすぎでしょ。びっくり。

 

 

 

音楽 その1

今週は配信曲を2曲購入しました。

 

何かを衝動的に買うとき、

「お菓子を一回我慢すれば」とか「飲みに行くのを一回我慢すれば」とか、

何かの代償としてその予算を捻出したつもりで購入するくせがあります。でも結局その後何かを我慢した覚えは、、、ない。

 

今回もおやつを我慢したつもりになってサクッと購入。250円で何度でもチョコレート食べたような気分になれるなら安い買い物じゃん、とか思いながら。

 

1曲は宇多田ヒカルの「あなた」。

宇多田さんはもうあいかわらず天才というか最高というか文句なし。

イヤホンで聴くと充実したサウンドが耳から体内に取り込まれていく気がする。この音の厚みはメジャーのトップアーティストならではだろうなぁ。

カラオケで人気になるようなJ-POPは3回くらい聞いたらなんとなく覚えて歌えるけれど、この「あなた」はラストの方でプロが本気出してきた感あって、予想外の旋律が覚えにくいし歌も真似しづらい。逆にラスト完璧にコピーしたらちょっと人前で歌うの恥ずかしい。めっちゃ練習したでしょ、みたいになりそう。

 

歌詞は子供のことかな?守りたい存在や幸せがある、きっと今の彼女自身の想いが反映されてると思うのだけど。この歌詞見て、彼女は強くなったんだなって思った。宇多田ヒカルという人はどこか浮世離れしてるというか、ふっと突然いなくなってしまいそうな危うい感じに見えていた時期もあったので、今の家族や子供の存在が彼女を世界に繋ぎ止めてくれた、そんな風に勝手に思ったりする。

 

来年の宇多田のライブ行きたいなぁ。でも来年はASKAさんのライブも行くし忙しいなぁ(行ける気でいる)。日程被らなきゃどっちも行きたい!2人の生歌なんて想像しただけでワクワクする!

 

長くなりそうなので、もう1曲についてはまた明日。

 

 

 

 

 

 

 

100

お題「ブログをはじめたきっかけ」

 

思い出の"もの"や写真を含む"記録"を捨てるのはなかなか苦労する。

中学生の頃から予定なんてろくに無いのに手帳を買って日記を書いたりプリクラ貼ったりし始め、それに飽きるとノートに落書き帳にと、これまでの全く統一性のない中途半端な記録帳が多数存在している。

捨てるのもなんだけど、とにかくかさばる。だけどもし私が明日死んだら、アイツらは一体どうなってしまうんだ。中高生の頃の日記なんて自分で読み返すのすら恥ずかしいのに。

とりあえず今後はデジタルにまとめていこう。

 

というのがブログをはじめたきっかけ。

 

じゃあ公開しなくてもいいじゃない、と思われるかもしれない。正直、公開しなくても良かったかもしれないと最近気づいた。

そんなこのブログも今日で100記事に到達した。

 

それでは記念に歌っていただきましょう。ヨシイクゾーさんで『俺らこんなブログいやだ』

♫ハァァ〜中身が無ェテーマが無ェ

目立った独自の視点も無ェ

役立た無ェ情報無ェ

書きたいことだけだーらだら

俺らこんなブログいやだ

俺らこんなブログいやだ

誰に向けてるだ

それでも誰かが読むのなら

気楽に続けるだ

 ・・・

 

ま、都合悪くなったらその時そうしよう。それまでは道端に転がしておいてもいいじゃない。

もし誰かが読んで何かを思ってもらえたら嬉しい限りです。

 

これまで読んでくださった方、星をつけていただいた方、ありがとうございます。

また良ければお立ち寄りくださいませ。

 f:id:oki_nikki:20171213093501j:image

ドレッシング

今週のお題今年買ってよかったもの

 

今年はよくサラダを食べた。

飽きずに食べられたのは他でもないドレッシングのおかげ。

 

これまでほとんどキューピーかピエトロしか買ったことがなく、間違いなくおいしいその2社で十分満足していた。

しかしドレッシングの世界は広い!ということに今年気づかされた。

 

そこで、今年はじめて買っておいしかったドレッシングを3つ挙げておく。

 

もへじ サラダの旨たれ 

製造者 :株式会社テンヨ武田

購入場所:カルディ

有名なのかもしれないが私は今年美味しいとのうわさを聞きつけ、そしてドレッシングに目覚めるきっかけとなった一本。

味は焼肉屋によくあるチョレギサラダのドレッシングといえばピンとくるかもしれない。ごま油と醤油とにんにく。美味しくないはずがない。

キャベツ、ネギ、とうふ、などと合う。

ご飯に直がけもこっそりおすすめしたい。

同シリーズの「にんにく旨ドレ」も未開封で家にあるので、そちらも楽しみ。

kaldi-online.com

 

 

すてきサラダさわやか かぼすドレッシング

製造者 :フンドーキン醤油株式会社

購入場所:北野エース

「旨たれ」を知ったことで、ひょっとしてちょっと高めのドレッシングって美味しいのでは?と買ってみた一本。

ひと口食べて「うわ!うま!」と声に出して驚いた。

さっぱりしているのに奥深い。しつこくないので、どぼどぼかけてモリモリ食べたくなる。クリーミーなドレッシングは違うけどノンオイルのすっぱいドレッシングは物足りない、という方にはぜひおすすめしたい。

レタス、ゆで鶏、たまねぎなどに合う。

次は同シリーズ「クリーミー柚子こしょう」を試したい。

virtua3.coara.or.jp

 

 

グラッツェミーレ お父ちゃんがんばってや青パパイヤドレッシング

製造者 :株式会社グラッツェミーレ

購入場所:新宿伊勢丹B1ドレッシング売り場

変わったドレッシングを試したくて手に取った一本。

ドロッとした酸味のある味。パパイヤ自体あまり食べたことがないので味に反映されているのかはよくわからない。臭みや辛味のないオニオンドレッシングみたいな感じ。

ビーリーフ、トマト、コーンなどに合う。

次は同シリーズ「高知の生姜でぬくもるぜよ どっさり野菜ドレッシング」を試したい。

グラッツェミーレ|本格イタリアンのお店とドレッシング販売

 

 

”○○に合う”とか書いたけれども当然ながらサラダになるものなら大抵何でも合うので、いつも1つのサラダで一皿ごとにドレッシングを変えたりして楽しんでます。

まだドレに目覚めたばかりなので、今後も新しいものをどんどん試していつか自分のベストおすすめドレを決めたい。

 

来年も美味しいドレッシングに出会えるといいな。

 

冷マ

日々貯まり続けるアレ、こと水道修理の広告マグネット。みうらじゅん氏は「冷蔵庫に貼るマグネット略して冷マ」と呼んでいるらしいのでその略称をお借りする。

冷マを何となく小箱に集めていて、今日もまた新しい冷マが入荷した。

いつもろくに見ずに小箱に入れていたが、中を改めて確認するとどうやら私の地域では2社が冷マに力を入れているようだ。

松村邦洋さんと柴田理恵さんが笑いかけているもの。

f:id:oki_nikki:20171207191048j:image

そして、ひょっとしたらこの人が来てくれるの?と思わせるような爽やかなお兄さんが微笑んでいるもの。

f:id:oki_nikki:20171207200236j:image

このお兄さんは調べると石山慶さんというモデルさんだそうで、色々な広告などで身近でありながら理想的な誰かに扮しているようです。

この石山さんのインスタグラムをのぞいて見たら、まるで水道修理のお兄さんのプライベートを垣間見たような感覚になりよかったです。……よかった??

 

でもうちは賃貸マンションだから大家が指定業者呼んで大家が支払うから用ないのよね、基本。

 

でも集まった冷マはいつかにオリジナルの冷マにリメイクしてみようと思っているので、ポスティングはわりと歓迎です。

気になる人ができました

久々に新しいアーティストに興味がわきまして。

丸山純奈ちゃん。

 


【今夜、誕生!音楽チャンプ】第1回「中高生制服チャンプ」 / 丸山純奈(まるやますみな)

 

この『音楽チャンプ』という番組を偶然見ていてトップバッターがこの子だったので、え?これ以上すごい子この後出てくるの??と思ったらやっぱり優勝でした。

 

クリスハートの『I LOVE YOU』ってこんなにいい歌だったんだね。正直ご本人より好みなのでこの子のカバーが配信されたら買ってしまうかも。なんせ番組は3日前に放送されたのに思い出して聴きたくなって検索したくらいなので。

 

Youtubeで名前検索すると結構色々歌っている動画があがってるのね。

まだ中2で伸びしろもある感じなので、これからの活躍に期待大!

 

あっ、中2ということはグレースヴァンダーウォールちゃんと同じ歳か!

彼女にも注目しているのでこの世代に私は縁があるのかな。

下手したら自分の子供ってくらい歳離れてるけど。

 


Grace VanderWaal - "Moonlight" in Japan

 

 

一昨日の夜、ホットプレートで家焼肉をした。大好きな羊肉を焼いた。

そのせいで今日になってもリビングに羊がいる。匂う。すごく漂ってるというか篭っている。ファブってもファブっても。

 

数年前、新大久保のモンゴル料理屋さんで羊一頭をみんなで食べる集まりに参加したことがあった。丸ごと焼かれた羊はなかなかの迫力だったけど、とっても美味しくいただいた。

そのお店のスーホさんというモンゴル人店主が非常にユニークな人物だったと記憶していたが、最近になってついにテレビで彼をフィーチャーした番組を見たのでやはり只者ではなかったのだ。新大久保のお店は閉店して今は赤坂をお店をやってると知ったが、どうやら赤坂のお店も今年いっぱいで閉店らしい。『スーホ ダイニングバー』。羊一頭を食べる会も今月何度か開催されるらしい。ちょっと行きたいかも、と考えていたりする。でもきっと彼ならまた別の場所で羊を焼いていくに違いない。遊牧民だ、土地に根付くことに興味はないのだろう。

 

羊で思い出されたもうひとつ。

昔、茨城県の自然テーマパーク「ポティロンの森」へ行った時のこと。バター手作り体験をしたりバーベキューができたりして、羊やヤギなんかもいた。

そこの場内アナウンスで「羊の追い込みショーを開催します」というのを聞き、取り調べを受けて精神的に追い込まれた羊を想像してひとしきり笑った思い出。実際は犬が羊たちを柵の中に追い込むということで、情景が浮かぶ今はもはや「追い込みショー」というワードで笑えることはないのだけど、その時その瞬間抜群に面白かった事ってあるよなぁ。 

f:id:oki_nikki:20171205105214j:image

そんなポティロンの森、潰れちゃいないか気になって検索してみたら「こもれび森のイバライド」に改名してた。なんじゃそりゃ。じゃあFMラジオでよく流れてた「ポティロンのもり〜♩」ってCMどうなっちゃったんだろ。メロディそのまま「こもれびのもり〜♩イバライド!」に変えたと予想するが答え合わせをするつもりはない。

そして誰がこの話通じるんだ。