クルミを割ったことのない日々

思いついたことを好きなだけ

学校のプールで溺れた時のこと

すっかり冷夏になってしまった。屋外プールは商売上がったりだろう。

 

プールといえば、泳げなくても今は潜ったりするのが好きだ。ただ、足のつかない深さへの恐怖は未だある。

 

楽しい思い出と共に蘇る溺れた記憶。泳げない人あるあるなのだろうか?

 

一度は小学校のプールの授業中に溺れた。

泳げないくせにプールの授業はご多分に漏れずテンションが上がるほど好きだった。

そんな授業の後半、初めての流れるプールの時間に起こった。

流れるプール」は前の人の肩を両手で掴む電車ごっこの形で輪になり、プール内をグルグル回って作り出す例のやつだ。

それが終わりの時間を迎えて「さあ休憩です、上がってください」となった時だった。辛うじて命綱になっていた前の人の肩から手を離した途端、鈍臭い私はそのまま深い方へ流されてしまった。

背が小さかったので足を底に着けると身体全部が沈んだ状態となり、泳げないのでジタバタするから余計に深い部分から脱出できず、もうパニック。

幸いすぐに先生が気づいて助けに来てくれたので、大事にはならなかった。

あの時の先生の慌てぶりや、抱きかかえられた私をクラスメイトが心配そうに見つめていた光景は今でもありありと目に浮かぶ。優しく声をかけてくれた友達、今更だけどありがとう。

本当、すぐに助けてもらえてよかった。

 

そういえば、昔観た映画『15少女漂流記』で、内容はほとんど覚えていないが、女の子が溺れて死んでしまうシーンだけが印象に残っている。記憶が確かなら、泳ぎの得意な子だったのに足に何かが絡まって海中から浮上できず、1人で誰にも気付かれずに死んだと思う。
映画などのそういう場面は助かるパターンしか観たことがなかったので、とてもショックを受けた。

誰でもどこでだって溺れる可能性があるのは事実。

だから気をつけてほしい、真面目に。

 

 

 

 

 

 

『貞子vs伽倻子』を観た感想

先日は勢い余ってつまんない映画の文句を書き連ねてしまった。

だから今日は面白かった映画の感想を書く。

それがこの『貞子vs伽倻子』

貞子vs伽椰子

貞子vs伽椰子

 

はいはい。皆さん。落ち着いて(笑)
観てないでブーイングは無しだよ。
なんとかホルモーよりよほど笑えて面白いんだから。

と言っても、直近でたまたま観て面白かったので書きたかっただけ。

 

ホラー映画観たいなーと思ってAmazonプライムを弄ってたら結構他のは観たことあって、「これでいっか」というくらいのノリで観た。

 

わはは!面白いじゃん。

 

『リング』の貞子と『呪怨』の伽倻子が出てきてワーキャーいう「お化け屋敷ムービー」といった感じだけど、私みたいにどっちも観たことある人も、どっちも大して知らなくても、問題なく楽しめると思う。
なぜなら要素だけもらって過去作は関係ないし、設定も結構リニューアルしてるし、タイトル通りの馬鹿さと怖さが上手く融合していると思う。

説明不足な点は多々あれど「どうせ不条理な世界だから説明とかいっか」と思える。

 

貞子の本家『リング』は一週間後に死ぬと言われて長いこと死ぬ死なないとやって観てる方がちょっと油断してる時にギャー!!って感じが良かったけど、本作はそんな時間もないのでサクッと「2日後死ぬし、なんなら前倒し」になっている。この時点で本家との住み分けがされたし、むしろ貞子ちゃんの軽いフットワークに好感が持てた。

伽倻子ちゃんの方も頑張っていて、本家『呪怨』ではわりと満を持して登場するが、本作は息子の俊雄君と一緒に入れ食い状態。家入ったよーパク!!くらい勢がいい。テンポ大事だもんね。
そんな2人が大活躍しながら話が進んでいくので観ていて飽きない。

 

さらに、この映画の良さは登場人物のギャグと隣り合わせくらいのキャラの濃さ。

おばさん霊能者の法柳先生かっこいい(笑)。できる感をすこぶる演出してくれて、この後の展開を盛り上げてくれる。
そして特出すべきは安藤政信演ずる経蔵と助手の珠緒のコンビ。

キャラにシリーズ感あるー!

態度は悪いけど有能なイケメン悪霊払いと不思議な力を持つ毒舌盲目少女て!そして2人だけの絆て!ラノベか!
もうすでに君らでテレ東の深夜ドラマかなんかやってた?ってくらい存在が完成されてる。経蔵の手さばき(シュシュシュッ)なんか、拗らせた中2だったら真似してた。このコンビで別の作品もちょっと観たいな、なんて思いながら観ていた。
そしてその存在あってこそ、冗談みたいな貞子と伽倻子のバトルを迅速かつ半ば投げやりにも実現させてくれる。でもそれでいいのだ。戦う理由なんて本当は誰も求めていないのだから。

 

※ここからガッツリネタバレあります!!観てない人注意!!

 

 


さて、そのコンビ、、、
もう2度と続編とかに出られないあの結末すごくない??
軽い怪我で済んでたと後で言わせない潔い殺し方!
森繁先生もそんな感じで死ぬん?っていう。ってか先生なんか顔くちゃーってなってなかった?どうなってんの?

あの法柳先生のお祓いシーンの怒涛の皆殺し展開は圧倒されて、これは普通のジャパニーズホラーじゃないなと感じた。まぁ、タイトルの時点で普通なはず無いけど。

 

山本美月佐津川愛美の軽くイラつくコンビはあの結末のためなら納得。*1

玉城ティナちゃんについては、可愛らしい過ぎて存在が浮いてた。でもどこか幸薄そうだったので呪いの家に取り憑かれた美少女というのは説得力あるのかも。楳図かずお先生の描く女の子みたいだよね。

f:id:oki_nikki:20170819101746j:image
呪いの家で呪いのビデオ見るっていう死ぬ前から地獄みたいに恐ろしいミッションをこなしているのが健気だった。

 

貞子と伽倻子がバトってるシーンはもはや笑ってしまったけど、ハリウッドみたく中途半端にどっちかが味方みたいにならなくてよかった。
まさかのフュージョンは……あ、これやりたくてやったのね。という感じ。

 

色々思い返すと、全体として監督?脚本家?が性格悪いのかなとは思う(笑)でも好きだよ、そのひねくれ方。

家で騒ぎながら観るにはとっても面白かったです!
でも怖いは怖いから観た後の風呂とかは普通にビビリました!

 

 

*1:

私の中で「ホラー映画で死ぬ奴、性格おかしい説」がある。(主に洋ホラーに多いパターン)

そのキャラが死んだ時悲しくなり過ぎないように、クズキャラにしておくのだと思っている。

要るかもしれないから

今週のお題「カバンの中身」

 

20数年前の私が中学生の時だったか、空港の手荷物検査で引っかかったことがある。
私のカバンからハサミが出てきたからだ。
母親も慌てたのだろう、検査官と一緒になって私に何故持っているのか問うてきた。
「便利だと思ったから」と素直に答えたが、自分でも手荷物に入れてしまったことを恥ずかしく思った。
まだ今みたい荷物検査が厳しくない時代で、私が子供でハサミも先が丸い小さなものだったので、その時は何とか許してもらえた。今なら即没取で下手すりゃ別室連行かもしれない。

でも未だにあれば便利だと思って色々とカバンに入れて持ち歩いちゃう。
そのせいでカバンがいつも重いので、何が入ってるか改めて見る。

・飴
急にお腹が空いた時に要る。
・マスク
急にむせた時に要る。
・絆創膏
急に負傷したら要る。
・ソーイングセット
急にボタン取れたら要る。
・ハンドクリーム。
急に手がカサついたら要る。
・鼻スースーするスティック
急に鼻詰まったら要る

 

……え、要る??
ここ最近取り出した記憶すらない。

あの時のハサミも結局要らなかった覚えがある。

つまりはそういうこと。

でも急に持ち歩かなくなって急に必要になったらやだなぁ。

 

秩父日帰り旅行

ちちんぶいぶい!

秩父に初めて行った。

 

車は使わず電車を活用することにしたので「秩父フリーきっぷ」を購入。

https://www.seiburailway.jp/ticket/otoku/chichibu-free-kippu/

日帰りでも電車に何回か乗り降りする予定があれば元が取れる値段で助かった。

 

観光地とはいえ、秩父鉄道は本数が少ない。そのため時刻表を調べて細かくタイムスケジュール立てておいた。

今回はしおり作成サイト「行程さん」でしおりを作成したが、おかげで当日の動きがスムーズになった。作成は少し面倒だったが作って良かった。

https://kouteisan.com/

 

行った場所:橋立鍾乳洞

ヒンヤリと涼しく、思った以上に探検気分を味わえた。低く狭く、油断すると身体をぶつける。だがそれが少年心をくすぐった。後ろから追ってくる人がいなければ、迷ったフリなどしながら「未開の洞穴」や「秘密の通路」などの自分設定で楽しむといい。ただ、今回後ろから追って来たリアル小学生は我先にと脇目も振らず夢中で通り抜けて行った。

 

行った場所:JURIN’sGEO

鍾乳洞前のカフェ。「エルアルコン」というコーヒーを選んで飲んだが、普段はミルク入れないと飲めない私でもそのまま美味しくいただけた。とてもまろやかな味わい。値段はお高めだがそれなりの価値はある。もらっていたフリーガイドのクーポンでラングドシャが貰えるというので使ってみた。季節の関係で手作りラスクに変わっていた。ラングドシャも手作りだったのか気になる。

 

行った場所:秩父神社

本殿の彫刻が素晴らしかった。お気に入りはヒゲがトゲトゲしい虎。

水占いの結果は末吉と冴えなかったが、内容はさほど悪くなかった。

逆に大吉なのに酷い内容の時あるけど何なんだろう。「結婚おめでとう」と言ったそばから結婚生活の大変さを説いてくる女友達みたいな趣。

 

行った場所:そば処 大むら

わらじカツ丼を目当てに行った。開店10分後に来店したがすでにテーブル席はいっぱいでカウンターのような横並び席に座った。12時には満席になった。

有名なだけありわらじカツ丼は大変美味しかった。また来たら食べたいくらい。その時は間違ってもそばは頼まないと断言する。みそポテトも頼んだら腹がパンパンになった。

 

行った場所:秩父華厳の滝

皆野駅からバスで向かう。

始発のバス停にバスはあれど運転手が来ず。中にはおばあさんが1人置物のように座って待っていた。定刻から10分ほど遅れて現れた運転手は、私を含む数人に整理券を配ると何も言わずすぐに出発した。

滝は最寄りのバス停のほど近くにあった。 事前調べでは徒歩10分と書いてあったがものの2分くらいだろうか。

まっすぐに落ちる滝と、滝壺には木々の緑を写した水面が美しかった。

f:id:oki_nikki:20170817101012j:image

滝の近くにいた少年が陸地に戻る様子を、仲間の少年が見つめながら「おーちーろ、おーちーろ」とつぶやいていた。そういうのは相手に聞こえるボリュームで言ってくれないとちょっと怖いよ(苦笑)

滝の真上にはひっそりと不動様が鎮座していた。小学生が描いた絵をまんま像に仕上げた感じのご尊顔で、目が互い違いだから異様な存在感。

 

行った場所:秩父温泉 満願の湯

源泉100%で熱いので長くは入っていられない。洗い場も数が少ないのでいつの間にか行列になっていた。裸で行列って無防備でどこか悲しい。露天風呂からは滝も見られるので、少しでもゆったり入っていたいと欲張ったらのぼせた。

 

他にも立ち寄った場所はあるが、日帰りでも充実の1日だった。唯一、某ホルモン屋の店員の対応が残念だったので次回の訪問はまず無い。

 

帰りは特急ちちぶに乗り、速いし座れて楽チンな上に酒とツマミで気分良いまま旅を終えられた。

 

今度はレンタカーでダムと牧場と山田ホルモンへ行きたい。

交通機関だけでもよかったが、時間と体力に限界がある。今回の歩数は2万3千歩を超えた。

 

それでも秩父は気軽さと満足感がちょうどいいと感じた。また別の季節に行こう。

 

 

 

実家のテレビ事情

少し前、久々に実家に帰ると新しいテレビの前にリモコンが3つ置いてあった。

母に聞くと、テレビの付属のリモコン、ケーブルテレビのリモコン、もらったリモコンだと言う。
理由は忘れれたがどれも必要らしい。

 

母はBSチャンネルが好きでいつも時代劇や旅番組ばかり観ている。
私は地上波のバラエティなどが好きなので、母がいない隙にリモコンの1つを手に取りザッピングしようとしたら画面が真っ暗になり、どこを押してもどうにもならなくなった。
母が戻り真っ暗なテレビを見て
「あーもう何やってんの変なボタン触ったでしょう!」
と軽くキレられた。
そんな怒られ方するのは幼児かよっぽど老人になってからだと思っていたが、まだ母親にそんなことで怒られるとは。
変えたくてもリモコンのどれのどのボタンが正解かもわからず、リモコンの主と化してる母の好きな番組が優先となってしまい、結局その日は要潤が出てる時代劇を延々見る羽目になった。よりによってその日はその連ドラをまとめて再放送していて、終わっては始まって気が狂いそうだった。

 

とはいえ、母のテレビ権がデカイのは昔からではある。
ずいぶん昔にも観たい番組が母VS私と父の構図になった結果、何の争いも無く自然とリビングの大きなテレビは母のものとなった。父と私は寝室の小さなテレビで毎週『アリよさらば』を観ていた。
そのまたさらに、小さなテレビがメインとして活躍していたテレビ一台時代なんかは、基本母の観たいものを観る事になっていて、アニメやお笑い系をほとんど観られなかった。観ていたのは『火曜サスペンス劇場』『はぐれ刑事純情派』『土曜ワイド劇場』などのサスペンスか時代劇という「人死ぬ系」が中心。
そのせいで同世代のアニメの話についていけないのが過去も今もちょっぴり切ない。ただ、その代わり上の世代と話が合わせられるという利点?もある。

 

そんなこんなで、実家に帰ると好きなテレビはほとんど観られない。
それでも、機械オンチな母が3つのリモコンを使いこなせてるうちは元気でいてくれそうだな、なんて思う。
たまに帰る時くらい、一緒に火野正平みるのも悪くない。

f:id:oki_nikki:20170810103413j:image

お題「楽しみにしているテレビ番組」

お盆になると

お題「おばあちゃんの思い出」

毎年お盆になると、祖母の家の庭に白い蛾が一匹飛んできた。

祖母は、死んだ祖父が白い蛾に姿を変えて帰ってきたんだと言っていた。

私もそれを信じる反面、苦手な蛾ではなくカブトムシとかなら愛せるのに、と正直思っていた。

 

最近になって蛾が「神の使い」などと言われていると知った。

祖母はそれを知らずに蛾を祖父だと言っていたのなら何だかすごい。

そう思い白い蛾について調べてみると、似た様なエピソードが出てくる出てくる。

「死んだ○○が蛾に姿を変えて~」「お盆に白い蛾が毎年~」

おい……あるあるかよ。

 

さらに突き詰めると、お盆の時期に白い蛾ことオオミズアオが発生するらしい。

つまりはオオミズアオがお盆に発生→見かけた人が「死んだ○○が~」という流れなんでしょうね。

 

と、ここまで書いたが、何だか野暮だなと思った。

そんなことわかってても、そう思いたいものですよね。

 

大体が白い蛾=オオミズアオとは限らないんだから。

ほかの神秘的なやつかもでしょう。

何かって?それは自分で調べてくださいよー

オオミズアオWikipediaも画像が怖くて薄目で見たくらいなんだからー

嫌ですよぉもう

 

母の怖い写真

お題「思い出の一枚」

 

トラウマになっている写真がある。

母の持っている古いアルバムで、母の学生時代の写真が何枚も貼ってあるその中の一枚だ。

 

初めて見る母の若い頃というのは、幼い私に驚きと不思議な高揚感を与え、友達と屈託無く笑っている母を見るのがなぜか嬉しかった。

しかし問題となる写真は、そんな母が高校の修学旅行で撮ったと思われる数枚の中にあった。

 

見た瞬間、その異様さに目を奪われた。

「お母さん!これ…何?」

「あぁ、それね」

母は最初何なのかはっきり言わなかった。

写真を見つめ続ける私に母は軽く説明したが、当時の私の理解には及ばなかった。

(どうなってるの?これ……)

 

その写真を詳しく説明しよう。

 

草原にいる一羽のアヒルが中心に捉えてられている。

そのアヒルの顔が……母なのだ。

 

何のこっちゃとお思いでしょう。

要するに、顔ハメパネルのアヒルの顔部分に母が顔をハメて撮った、そういう写真です。

 

何じゃそれとお思いでしょう。

いや、めっちゃ怖いから。

今もってしてもアレだけビッチリ上手くハメてる顔ハメパネル写真見たことないし、そもそも幼い私が初めて見た顔ハメ写真で仕組みもわからないし、何より無駄に上手く撮れてる。写真の色褪せ具合も相まって一枚の絵みたいになってるのも余計怖かった。まるで人面アヒルだもん。

 

母の許可さえ取れれば多くの人に見て欲しいくらいだ。

あぁ、伝わらないんだろうなぁ、この怖さ。