クルミを割ったことのない日々

思いついたことを好きなだけ

ヨーロッパを見に行く旅

劇団 ヨーロッパ企画の公演『出てこようとしてるトロンプルイユ』を観てきました。

 

今回はだまし絵コメディということで、

なにこれ……

 

めっちゃくちゃおもしろい!!!

 

雑な言い方すれば、長ーいコント観てるような。

いやー笑った笑った。

 

コマーシャルから想像していたおしゃれな感じではなかったんだけど、あんなの誰が想像できるよ。天才か!(脚本演出の上田誠さんは実際すごい才能だと思う)

 

ヨーロッパ企画は関東だとTVKで放送してる『ヨーロッパ企画の暗い旅』で知った。

独特な発想のチャレンジ企画を名も知れない(失礼)劇団員たちが出てきては真剣に取り組んだり楽しんだりする。その感じが芸人の笑いよりも身近な可笑しみがあって、時々どうしようもなく笑える。時々本当にどうしようもない感じも笑える。そんな雰囲気が私好みで、初見で好きになってしまった。

 

YouTubeで暗い旅の短い動画もあげてる


ハルキストの旅(プTV)

 

そんな彼らの公演を初めて観たのは、前回公演の『来てけつかるべき新世界』。

演劇の舞台というものをほとんど観たことなかったし、観たことあるものはあまり面白さがわからなくて演劇が性に合わないのかなと思ったりしていた。

けれど、暗い旅で親しみを覚えた彼らの作り出す舞台が気になり、一度くらいチャレンジしようかくらいで観たら「あれ?演劇ってこんなに笑えて肩肘張らないものあるの?」と目から鱗。

それでいくと、今回の公演は「こんなに自由で楽しめるって"演劇"ってなんなんだ」と興奮して笑い疲れて夜は爆睡してしまった。

 

前回も思ったけれど、ひとりひとりが愛すべきキャラになっているのが魅力の1つかな。

今回13人の役者が出てきたけれど、こんな人出てたっけ?みたいのがなく全てのキャラについて語れる。これは役者の魅力でもあるのかも。私の好きな角田貴志さん(描く絵と佇まいが好き)はいつ出てくるんだろうと思ったけど、意外で最強の役だった。

そしてヨーロッパの個性的なメンバーの中にさらに個性的な役者をゲストで迎えてきてヨーロッパの世界の住人にしてしまうのも魅力。

前回は藤谷理子ちゃんに圧倒されたけど今回は木下出さんの存在感がもう!

木下さんには暗い旅の「不思議バインダー2の旅」 で心をつかまれていたので、出てきた瞬間に笑ってしまった。暗い旅で見せられた木下さんの素材の良さが存分に生かされたキャラクターだった。

 

美術も毎回すごいし、きっとみんなでたくさん努力して作り上げているんだろうな。

しかし、あれを1日2回公演してるの?……私が役者だったら気が狂いそう 笑

 

『出てこようとしてるトロンプルイユ』の内容はここには書けないけれど、

とにかくだまされたと思ってみんな観に行けばいいのに、と思ったのでした。

だまし絵だけに。

 

 

 

伝わりますか

これから僕等はどうなっちゃうんだろう〜

 

って気分です。

 

なんだか大事なこと伝えられて来たけど〜

 

なにせASKAさんの配信会社設立の発表は予想してなかったので、これがどういうことになるのかよくわからず……。

 

なんだか凄そうと、いう話さ。

 

でもせっかくASKAさんと同じ時代を生きているんだから、着地点はわからないけど信じることが楽さ!

音楽業界にはいい風が吹く予感がするな。

 

以上、曲名は計7つ隠れています。ファンには意味が伝わるかな。

 

世にも観た感想と感情と回想

世にも奇妙な物語 '17 秋の特別編』を遅ればせながら録画で観ました。

 

ずっと「ストーリーテラータモリさんはタモリさんなのか?」という疑問があったけど、少なくとも今回はこれを"仕事"としているタモさんなんだね。映画上映前の舞台挨拶みたいな、フィクションの世界にどっぷり浸からせてくれない寂しさをちょっぴり感じてしまった。ちょっぴりね。

 

『寺島』
オチは途中から予想ついてたけど、わかってても怖い!最初の話からフルスイングされてヘコむ。吉岡里帆ちゃんかわいい。大後寿々花ちゃんも隠しきれないかわいさ。そのかわいさがどうでもよくなる迫力の演技。すごくてひいた。

 

『フリースタイル母ちゃん』
ミポリンはすごく頑張ってた 子供ゴコロ好きになってた 君の歌ばかり歌ってた サーフィン映画の君に憧れ 焼けた肌に惚れ惚れ だけど月日流れ  そう 今は謎めいている 俺は困っている 君のそのフリースタイル  イエー

……頑張ってミポリンと同じぐらい恥かいてみたよ……お疲れ。

 

『運命探知機』
ドラマあるあるを凝縮させるとこんなに嘘くさいのか、と思いながら見てたらそういうことか。このあるあるをまじめにやってたのがこのフジなんだけども。石橋杏奈ちゃん好きだから世にもで見れて嬉しい。NHKのLIFEでやったムロツヨシを杏奈ちゃんがビンタしまくるコントをまた見たくなった。

 

『夜の声』
藤原竜也の全部盛りみたいな役だった。満月の夜と異次元に行くみたいな視覚効果はどういう意味?うまく理解できなかった。あれがなくても通る話だと思うのだけど、どういう意図だろう。手塚治虫原作らしく、漫画を読んでみたい。ヒロインの服がどことなくピノコっぽいのもそのせいかしら?そんな飯豊まりえちゃんもかわいいけど裏がありそうなあざとさでドキドキした。そっちじゃなかったけど。


あれ?女の子たちがかわいい言ってるだけじゃん私。

でも世にもがつまらなくなった時期があったけど、最近また面白くなってきたかな。途中の短編『ががばば』は普通にホラーだったし、目の体操はちょっと笑った。
ただ本編を昔の質感に戻してほしいとも思うんだよな。ノスタルジックになってるだけ?
そういえば、子供の頃に見た印象的な一話があったけど「田村正和主演で赤い傘差した女が出てきてー」くらいしか覚えてなくて、ある日世にもの再放送観てて「この話だ!」と思って主演見たら田村正和じゃなくて京本政樹だった。
昔の記憶って結構そんなものって話。

足の速さがクラスでビリの私がリレーの選手になるまで

小学生時代、足が遅かったことは以下の2つの記事で書いた。

そんな私の足が速くなるまでの事。

 

oki-nikki.hatenablog.com

oki-nikki.hatenablog.com

 

話は私が唐突にリコーダー部に入ったところから始まる。
入部理由は部員が足らないとか私が部活に入ってないとか断る理由がないとかそんなこんなで。
小説ならプロットが崩壊しているかのようだが、現実は意外とそんなこんなだ。


リコーダーは好きでも嫌いでもないけど、音楽は好きなので割合楽しくやっていた。
その一方で大会前にはメンバー選抜テストが行われるというシビアさもあり、メンバーとなった私のそばで選ばれなかった下級生が泣きじゃくるという場面にでくわし、私はそれほど…とどこか冷めた気持ちも持ち合わせていた。

それが、この部活に朝練が始まったことが終わりの始まりとなり、この話の本題につながる。


朝がとにかく弱い私にとって、朝練は苦痛でしかなかった。私の望みは朝少しでも長く寝ること。その望みを1分でも叶えさせてあげたい私に優しい私は、5分で良いところをオマケの10分は寝る。するとどうだろう、家を出る時間直前になるのだ。でもまじめ系クズな私は朝練には間に合わせたいと考える。結果、家から学校までダッシュ!それは毎日走って走って走った。メロスかってくらい。妹の結婚式もない、人質の親友も待ってない、ただ朝に笛を吹くために。

私の家は学区の最果てにあり、歩けば30分くらいかかる距離。その距離にかかる時間が日に日に短縮されていった。途中で息切れして止まることがなくなり、朝練(に行くために走っている)の成果を実感していた。

 

そんなある日、部活の顧問についに注意された。
「いつもギリギリに来過ぎている。もっとみんなのように早めに来なさい。」

 

その時、私は決意した。

 

リコーダー部を辞めよう。

 

走ってまで笛吹いて怒られ
(自由律俳句)

 

わかってる。自分がどうしようもないやつだってこと。普通は頑張るところだった。でもいやになっちゃった。

 

先生の説得も虚しくリコーダー部を退部した私に残ったのは、やけに鍛えられた足だった。

さらにこの性格なので、その後も遅刻寸前で走ることは図らずも続いていく。
そうしてこうして、リレーの選手に選ばれるほどになったのでした。(急に雑)

 

ま、継続は力なりってね……。
リコーダーも続けてたらどうにかなったかな。

 

えーとー、リコーダー部のみんな、先生、ごめんなさい。

 

マラソンが嫌いじゃなくなるまで

先日、小学生時代の体育のトラウマ話を書いた。

oki-nikki.hatenablog.com

 

それで思い出した、その後のこと。

 

マラソンの時間に同級生の1人の子からよく「一緒に走ろう」と声をかけられていた。でもその子の誘いの意味がずっとわからないでいた。

 f:id:oki_nikki:20171016095849j:image

なぜなら、いつも途中で足の遅い私を置いて先に行ってしまうから。一緒に走るって言っといて何だろうと思いながらも、また誘われれば「いいよ」と受け入れていた。

単純に仲良しで一緒に走りたかったけど私が速さに付いて行けなかったケースはあって、その時はお互いごめんねってことで再び一緒に走ることはなかった。

でもその子は特別な仲良しでもない上、何度も誘ってきてはその度に裏切るように先に行ってしまうので不思議に思っていた。

すると別の友達からその子の良からぬ噂を聞かされた。自分が抜かされないように一緒に走ろうと数人に声をかけて、自分の順位が上がるように周りを調整しているというのだ。こんなに姑息で悲しい戦略があったろうか。

その当時のマラソンは、学年全体で走ってゴールの瞬間に先生に順位を告げられていた。そのため前回より1つでも順位を上げたいと躍起になっている子も中にはいた。

今にして思えば、そんな順位付け教育に追い詰めらられたあまりの必死の行動だったのかもしれない。

しかし私は最後までちゃんと走れれば十分、順位どころかビリになるかならないかの問題を抱えるレベル。だから、そんな手段を使う対象でもないのにどうしてわざわざ……と幼い私はその子を嫌いになってしまった。

友達からのアドバイスもあり、その後に誘われた時は勇気を出し断った。なんで?と聞かれても、ただ「1人で走りたいから」とだけ言った。そしてもう傷つきたくない私は、誰とも一緒に走らないと心に決めた。

 

ところが1人で走るようになってから、それまでより走ることが苦ではなくなっていった。相手に合わせず自分のペースで走るマラソンは自分の精一杯だけを考えられるので、前より気持ちが楽になって思いっきり走れると気づいた。
いつしか「一緒に走ろう」と言ってきていたあの子を抜かしてしまう日も増えていた。

 

次回「足の速さがクラスでビリの私がリレーの選手になるまで」 

肌の悩み

ここしばらく肌荒れに悩まされて、少し良くなったかと思えばまた悪くなったり。漢方やビタミン剤飲んでも効果は今ひとつ。

20代前半の頃に肌荒れした時、皮膚科のおじいちゃん先生に「洗顔料のせいで皮膚が硬くなってるから普通の薬局で安く売ってる固形石鹸使え」と言われたことがあった。たしかにその時は安い石鹸に変えて良くなっていった。

でももう私も30代。ヒアルロン酸やらの配合されたいい洗顔料を使いたいと欲張った結果がこれなのか。

 

使っていた洗顔料がちょうど無くなったので、昔から見かけて気になってた「ロゼット洗顔パスタ」に変えてみた。

ロゼット 洗顔パスタ 普通肌 90g (医薬部外品)

固形石鹸ではないけど、昔からのレトロなパッケージと何の「うるおい成分配合」とも書いてないあたりが、いかにも愚直な感じがする。

使い始めて数日、明らかに肌荒れが改善されてきてる。これのおかげなのか?

そのまま嗅ぐとベビーパウダーのような臭い。洗い上がりはイオウに近い臭いを顔にまとうので、可愛い女子の風呂上がりには不似合いかもしれない。でも肌荒れのひどい30代の私はそんな事気にしていられない。むしろ、この臭いが身体に良い証拠と思えてしまう。良薬口に苦し的な。

 

まだこれのおかげかは確証はないけど、長く売られている商品は愛される理由があるはず。これで良くなったら、今度はロングセラーの謎ブランドの化粧水とかも使ってみようかな。と、また欲張ってみたりして。

 

 

これからのこと

安室ちゃん引退発表に元SMAP3人の「新しい地図」と、自分の中で飛び抜けてスターとして存在していた人たちが生き方をシフトしていく様を見せられて、なにやらドキドキし始めていた今日この頃。

 会社を辞めてもう半年が経ってしまった。私も何か始めたいな始めなきゃなと思う気持ちが膨らんでゆく。 

 

とりあえずとばかりに、来月から年内まで短期の仕事を決めた。今月から準備の期間もある。

新しいチャレンジに9割不安、1割のみの楽しみ。

でもこの仕事を無事終えたら私は大きく成長できる気がする。

 

来年のことを言えば鬼が笑うというけど、10月にもなれば鬼だって年明けのスケジュールは気になるだろう。

まずは年内、それから来年からのこと、少しずつ考えていかねば。

でも、今まで通りにこんな何でもないブログが書ける程度の時間は守っていこう。これは私の新しい日常になったし、それだけは今の私の決定事項。