クルミを割ったことのない日々

思いついたことを好きなだけ

似た者夫婦

<結婚は「怒らない人」とすべき>という下記記事が話題になっているが、最近そう感じたことが何度かあった。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

仕事で複数組のあらゆる世代のご夫婦に接客する機会があった。はじめましての全く他人のご夫婦。

例えばブライダル関係の仕事をしている方などはきっとよく感じていることだと思うが、少し会話しただけでも何となくその夫婦の関係性は垣間見える気がする。こちらが話しかけた時に夫婦のどちらが積極的に返答するかとか、配偶者が発言している時の反応とか。

今回多かったのは以下の3つのタイプ。

  • 旦那様が主導権を持って話し、奥様がそれに賛同したり上手く舵をとるように時折助言や訂正を入れてくるタイプ。
  • 奥様が積極的に話し、旦那様はそれを黙って聞きつつ必要な時だけ口を挟むタイプ。
  • 奥様がこちらに返事をしつつ旦那様に「いいよね?」などと最終確認や賛同を求めながら話を進めて、時には旦那様が会話の主導に移っていくタイプ。

感じがいい夫婦は、それぞれがお互いの足りない部分をうまく補い合っている感じがする。そうでない夫婦はどちらかが圧倒的に強くどちらかが委縮しているように見える。

 

記事の「怒らない人」=寛大な人だとすれば、それはとても納得がいく。正直、この人の奥さん(あるいは旦那さん)は大変だなと思ってしまうような、いやな物の言い方をする人にも出会った。大抵その人の配偶者は隣で諦めた様な悲しげな表情でそこにいる。

しかし一番厄介なのは夫婦共々「怒る人」で短気のクレーマータイプ。この困った似た者夫婦は、怒りの沸点が異常に低く同じ温度で怒りだす。触れたら危険で周りの空気もひんやりさせる、まるでドライアイス。なだめようと水を差そうもんならブクブクとあたり一面に荒げた言葉の煙を広げるばかり。片方がどんな理不尽なことを言っていようがそれに賛同し、お互いが怒りのサポーターとなっているから埒が明かない。

でもそうした夫婦は初めから考え方が似ていたのだろうか、それともいつの間にか似てしまったのだろうか、と不思議になって考えてしまう。同じように育ったきょうだいならわかる。でも長く一緒にいたとしても元は他人であった夫婦だ。それが今は常識から外れた感覚を共有して生きている。もしも「怒る人」と結婚していつしか「怒る人」になってしまったとしたら、とても悲しく恐ろしいことだ。

夫婦は似てくるというが、私自身、ふと気づくと夫と考えが似てきていると思うことがある。夫も私に影響されているところはあると思う。今のところそれは悪くない事柄だけだと思っているが、そうしているうちに意識せずどちらかの間違った考え方に偏ってしまう可能性もある。

 

そんな似たもの夫婦にならないように、出来る限りお互いの間違いを正せる関係でありたい。そのためには夫婦間以外の意見を取り入れられる環境も大切にしなければ。

様々なタイプのご夫婦と出会い、つくづくそう思った。

 

思いついたことを好きなだけ

このブログを始めて1年が経った。

私を取りまく環境は、1年で少し変わったり全然変わらなかったり大きく変わったりした。

まだ1年かと思うし、もう1年かとも思う。

 

最近のことや思う事を今日も好きなだけ書く。

 

定期的に入る短期の仕事をしている。まだはじめたばかりで慣れていないながらも、お客さんに感謝されたり以前より上手くできたり仕事仲間と会話している時など、楽しく思える時間も増えた。とてもうまく仕事をこなす仲間を見ると、私の天職ではないのだろうとは思う。でも嫌いではない。それでもたまに必要以上にトゲトゲしい態度の人に出会って悲しい瞬間もある。そしてそれを少し引きずる時もある。

 

家族が病気になった。治療は少し長くかかる。先の事に不安が無くはない。いや、きっと不安でいっぱいなんだと思う。でもなるべく深く考えないようにしている。本人が1番不安なのだから、不安な顔はできないなと思う。

 

だから。

だけど。

元気に笑顔でいよう!

なんて自分に言い聞かせてる時は実際は元気が無くて笑えない時で、無理をするとバランスを崩して落っこちてしまう。

みんなと同じように頑張らなきゃ!
そう思っても、みんな抱えてる重さも出せる力も違うから、限界の前に一息つかなきゃ溺れてしまう。

 

無理して笑って頑張りすぎた後の怖さを私は経験済みだ。それなのにまた繰り返してしまいそうになっていた。

このくらいのことで、私なんかが。そう思ったとしたら逆にそれはおごりで、自分がそんなに器用な人間じゃないってことはわかっているつもりでも、なぜだかもっと出来ると思い込んでしまう。

今はもう少し自分に優しくしてあげてもいい時なんだと思う。

 

辛いのはみんな一緒かもしれない。でも自分の辛さをわかってあげられるのは自分だけ。自分が辛いなら誰かと比べることではない。

 

誰に話せるわけでもないそんな事を、誰に向けてでもなくブログに書き連ねて時には読み返す。それがこの1年で得られた自分を支える日常の1つ。

 

 

おでかけ

とても久しぶりにおでかけをした。

いちばんの目的は上野の東京都美術館で開催中の『プーシキン美術館展』。

美術展はたまに行くものの、初めてヘッドホンで解説などを聴ける音声ガイドを借りた。声の案内人は俳優の水谷豊さん。水谷さんの知性とユーモアを兼ね備えた独特の語り口は、絵画の世界へと気構えることなく誘ってくれた。ロシアのプーシキン美術館についてのコラムを声優の上坂すみれさんが可愛らしい声で語っていて、それも好感がもてた。合間に聴けるクラシック音楽が用意されているのも良い。ガイドを聴きながらの鑑賞をしてみると、いつもはなんとなくで鑑賞していたような気がしてくる。まるでわからない言葉や読めない漢字があるまま小説を読んでいたような感じかもしれない。絵を観ながら解説を聴くことで、自分にはなかった視点や角度から絵画をじっくり楽しめる。そしてなにより美術館という空間に没頭できた。音声ガイドってこんなに良いものだったのか、はたまた今回のが素晴らしかったのか。とにかく次美術展に行ったらまた音声ガイドを借りたいと思わされる新しい体験だった。

ちなみにガイドの最後にドラマ『相棒』のファンなら少しニヤリとするセリフを水谷さんが言っていたと思う。ほとんど相棒を見たことないので今ひとつピンと来ず申し訳なかったけれど。

 

昼食を終え、不忍池のボートに乗ってみることにした。手漕ぎがよかったが焦げそうに暑い日だったので、車が半分沈んだみたいな風体の足漕ぎ型ボートにした。風が強かったのでなかなか操作が難しくかえって楽しめた。

 

旧岩崎邸庭園にも8年ぶりに訪れた。残念ながら一部補修工事中だったが、あいかわらずの大金持ちの贅沢で品のある家だった。住みたいかと言われると違うけれど、夏休みに3日間くらい滞在できたら最高だと思う。ベランダから校庭ほど広い芝生の庭を見下ろしながら、東京はずいぶんみんなでギュウギュウになって暮らしているなぁ、なんて他人事みたいに思った。帰り際に8年前と同じ場所で写真を撮った。20代と30代の私を見比べると哀しいほどに時の流れを感じた。また8年後にも40代の私を収めに来よう。

 

上野近辺の最後は湯島天神にお参り。家族の健康と平和な日々を願い、暑くて充実した1日を無事終えた。

 

おでかけ、楽しかったな。

 

元気になってイイ天気

約1週間、胃腸炎でダウンしていた。体重は2キロ減った。バカな話だが、治った今は体重計で見る久しぶりの数字がダイエットに成功したみたいでちょっとうれしい。しばらくこんな気分を味わえるのは辛い日々を耐えたご褒美だ。でもそんなものを味わうより美味しいご飯を味わえる喜びの方が100倍はある。

さて、元気になったところでASKAさんの新曲をダウンロードした。

weare-music.jp


今月の新曲からWeareのリニューアルに伴いe-onkyoのシステムでの配信。さらにはハイレゾ音源。
……これは思っていたよりもハードルが高かった。そもそも今のところハイレゾを聴ける環境が手元になく、ひと手間惜しまなければスマホで聴けなくもないが現状PCで聴いている。

公式オススメのONKYO HF playerというアプリを1200円で購入するのがお手軽そうだが、ハイレゾ対応のイヤホンを持っていないのでそれもまだ躊躇われる。

タダではハイレゾ普及は出来ないことを実感。ストリーミングはお金のない現代人に重宝されるわけだ。ASKAさんのように積極的にアーティスト自らが働きかけない限り音楽は儲からない商売になるというのは納得がいく。
しばらくはブラウン管テレビでBlu-ray観てるみたいな宝の持ち腐れ状態かもしれないけれど、ハイレゾの環境を整えたときのお楽しみということにしておこう。Weareでプレイヤーなどの販売予定もあるらしいのでそれを待ってみてもいいかな…。

肝心の新曲『イイ天気』は先月のロックな『修羅を行く』とはガラリと雰囲気を変えた穏やかなラブソング。

初夏のカラリと晴れた日に木漏れ日のあたたかい並木道をやわらかい風を受けながら自転車で走る、そんなイメージが湧いてくる心地良い優しい歌。毎月こんなにシングル曲レベルの歌ばかりありがとうございます!そしてスキ!

聴く前に「コテ、メン、ドウ」という歌詞を先に見て、正直さすがにそれはどうなのよ?!と恐る恐る聴いたが、もはやその歌詞部分が好き。もうそこくると待ってました!という気持ち。史上初の剣道ラブソングかしら?それが素敵な歌になるのが不思議。ASKAさんがこだわったという間奏部分のメロディーも、この曲をより美しく輝かせてくれている。

 

明日から7月。東京は梅雨も明けて、イイ天気が続きそうですね!

f:id:oki_nikki:20180630130759j:image

しんどい

食中毒だろうか。

一昨日の仕事中から全身の倦怠感に襲われ、昨日は仕事を休みトイレと布団の往復。今日も同じ繰り返しで熱も下がらない。昨晩は腹痛と吐き気でどうにもならなくなり、トイレの前でしばらく倒れていた。最悪な状態で死ぬかと思った。

 

健康で過ごせることがどんなに幸せなことか身にしみる。

心まで弱ってるんだと思う。わけもなく泣きたい。

 

今は昨日よりいくらか楽になったため、これを書けている。でも今日は仕事が休みの日で、やりたい事色々あったのにな。

早く元気になって消化の悪いもの食べたい……。

美意識、ついに目覚める

30代も半ば、くすみやシミを顔に携えて久しい。

もともと荒れやすい肌質のために、それさえも仕方ないものとしてさほど気にしないように生きてきた。しかし最近になり、鏡で見ている自分と写真の自分のギャップが以前より大きくなったように感じてはいた。

そうして少しずつパンチをくらい続けながらも覚醒せずズルズルと過ごしていたが、夫が撮った私の動画がキツい最後の一撃となった。それは私のストレッチの動作がおかしいからと夫が撮影して見せてきたものだったが、そこに映された自然体の私はあまりにすっかりおばさんだった。

視力が悪いことをいい事に何となくで見ていた鏡をじっと見つめてみると、今まで見ていた自分の顔は記憶の中の幻だったと気づく。見てこなかった現実の自分にはシミどころかたるみやほうれい線まではっきりと確認できる。まずい、まずいことになった。というか、なっていた。今までわりと若くみられてがちだったけれど、それは見た目ではなく頼りない喋り方や挙動のせいだったのでは?

あぁ、ほぼそうに違いない。だって電話口で会ったことのない人にすぐタメ口で話されてしまうし、それだ。あーあ。……あーあ!!

なんだか急に老け込んだ気分。急に10年後の自分までワープしたみたいな感覚。呑気にこの顔で過ごしてきた日々が懐かしい。

これを読んでいる私より年上の方の中には30代半ばでおばさんなんて、と鼻で笑う方もいるかもしれない。私だって20代の子が「アタシももうおばちゃんです」とか言ってたらハァ?と思う。でも違うんです、ホントに見たら納得すると思う。頬なんてガチガチで足の裏くらい硬くなっていた。

というのが、1ヶ月ほど前の話。

 

こりゃいかん!とすがるように「造顔マッサージ」を始めてみたところ、頬が途端に柔らかくなった。う、うれしい!

 

すぐにわかりやすく成果が出たことで、私の眠れる美意識がついに目覚めた。まったく大寝坊もいいところだ。

と言っても一般的に想像される「目覚めた」状態が起き上がって窓あけて朝日を浴びたくらいだとしたら、私はまだ布団の中で目を開けたくらいだろう。しかし今までは完全に夢の中だったので、自分史上一番美容を意識して過ごしていることは大きな成長だと思いたい。

例えば洗顔については「洗顔料はネットで泡立ててゴシゴシ洗わない」「すすぎはぬるま湯→水で30回位くらい」と、よく言われているこんな簡単なことすらいつの間にか面倒でやらなくなっていたので即再開。

化粧水なんかも「肌を過保護にしない!肌断食をする!」みたいな言葉をズボラな自分を擁護できるように解釈していたが、それはそもそも常に肌にご馳走を与えている人向けであって、私の瀕死の肌とは無関係の話だった。今は安い化粧水を浴びるように与えている。

すると、心なしか毛穴が引き締まってきたような?!

それから、顔だけ日に焼けたように黒ずんでいたのが気になっていたけれど、どうやらいつのまにか敏感肌になっていたみたいで、敏感肌用のクリーム塗り始めたらよくなってきた。ありがとう、教えてくれたインターネットの誰か!

あとはYouTubeやらInstagramやらで綺麗な人が熱心に美容を語っているの見て参考にしたりやる気を起こしている。ありがとう、美容意識高い系の人々!

 

以前よりはマシになっているとはいえ、まだ偉そうに語れるほどの結果も出せていないので、いずれもっとどうにかなったら実践した事を書き記したい。

その為に、未来の自分へ布石の「肌改善頑張る」宣言。

 

 

初食べ 美味まとめ 2018年5月

最近生活のリズムが変わって、久々のブログの更新になってしまった。

誰に向けているのか謎なこの雑記ブログだが、ストレス解消で自分のためというのが大きい。だからこそもう少しうまく時間を見つけてちまちまと更新していきたい。

 

5月の初食べは何かあったかもしれないが完全にこの記事を失念しており、メモがたった1つしかなかった。それでもむりやり「5月のまとめ」という事にする。

 

◆若鶏タツタ(ニチレイ)

冷凍食品のレンジでチンして食べるタイプの唐揚げ、というか「タツタ」ってことは竜田揚げなのか。でもこれを唐揚げと呼ばせてもらえるなら、これまで食べたことのある冷食の唐揚げの中で1番私好みだった。衣がカリカリで生姜醤油の風味も良い。一般的な冷食の唐揚げがイマイチと感じてる人には一度試してほしい。

www.nichireifoods.co.jp

 

 

1個だけだとあまりにあんまりなんで、当初のルール外である「調理したもの」だけど美味しすぎてびっくりしたレシピ。

Twitterで話題になっていた「人参の千切りとカラムーチョのスティックタイプをマヨネーズであえたやつ」。

無限に食べられそうなほど美味いので、夫と2人で人参2本分食べた。もう3回くらい作ってるけど病みつきすぎて怖い。

いままで話題のレシピでも首傾げるものが多かったけど、これはやってみてよかった。考えた人になんかあげたい。ちなみに昨日も食べた。笑

shop.koikeya.co.jp

 

さて、6月のまとめは……果たしてあるのか?! (現時点で初食べメモなし)